俳優オーディションの内容|実技選考で受かるポイント

①俳優オーディションの内容|心構え

俳優オーディションでの心構えについて言及していきます。
書類選考を通過し、実技選考に進んだら、まず気を付けなければならないポイントがあります。
宣材写真と同じかそれ以上の魅力を感じられる外見にして当日に臨む事が大切です。
審査当日に行われるのは、多くは面接・実技選考です。
実技の前後に行われる面接では、クライアント側の求めているキャラクターや人材に合う自分を演出します。
よく普段の自分を見てもらうからおしゃれをしなかったり、見た目がダサい状態で受けに行く方がいますが、初対面から審査は始まっています。
よほどセンスがある人でなければプライベートの自分は評価されません。

審査会場に入った瞬間から、俳優オーディションは始まり実技審査中や面接中はもちろん細かな仕草まで見られています。
一つ一つの言動に心を配り、実技審査では自分が出来る最大限の演技プランで挑み、審査後会場を後にするまで気を抜かない事が大事です。

②俳優オーディションの内容|実技

ここでは、実技審査で受かるコツについて言及していきます。
実技審査は、事前に審査用台本が渡されている場合と、当日その場で渡され審査時間まで読み込み行う場合があり、そして、一人で演じる場合と複数の相手役と演じて演技する場合があります。
内容は受ける作品からシーンをピックアップする場合と、実際に上演する作品の内容が秘密になっている場合、その作品のキャラクターに見合うセリフをクライアント側が選んだりします。
その際必要になってくるのは、一人の場合も複数の場合も、演じる人物の掘り下げです。
どんな性格・職業・年齢であるかを細かく分析し、さらにその役がいる状況はどうなのかをイメージを豊かに構築していきます。
事前に渡され内容が分かっているのであれば審査当日までしっかり準備できますが、それは他の人も一緒です。

思いつく事は何でも吟味してみる事が大事です。
当日に台本が渡される場合は瞬発力が試されます。
どんな要求でも応えられるよう普段からアンテナを張っていることが大切です。

まとめ

俳優オーディションの実技審査に受かるポイント、いかがだったでしょうか?
俳優の養成所はお金を払ってレッスンを受けているので講師は褒めてもあまり苦言を呈しません。
ですが俳優オーディションの場合はそうはいきません。
運だけで受かってしまう事もまれにありますが合格し現場に立てる人は氷山の一角で確率は非常に低いです。
少しでも合格率を上げるには、基本的能力の向上と普段から自分を磨く事です。
俳優オーディション当日に、最大限のパフォーマンスをするためには日常の過ごし方から気を配ることが大切であると考えられます。